妊娠 つわり 吐き気

常に吐き気がして何も喉を通らないことがあった

 

 

"常に胃がムカムカし、食欲が減退し、体重も減って顔はげっそりしていた。ひどい時は食べること自体が苦痛になった。もちろん料理をすることもできず旦那さんに買ってきてもらったりしていたが「今日はなにか食べたいものある?」という気遣いでさえ食べ物を連想して気持ち悪くなり、旦那さんにイライラをふつけたこともあった。ネットや本にあるような酸っぱいものや、栄養補給のゼリーさえも食べられなくなって、ただひたすら炭酸ジュースを飲んでいた。

 

仕事は早いうちに辞めていたので一日の大半をひたすら寝て過ごした。貧血もあいまって立っていることもままならないので家事はほとんどできなかったので実家の母に迎えに来てもらい、里帰りした。

 

かと思えばカレーや天ぷらなど極端に油っこいものや味の濃いものが食べたくなり、そういう時は食べることができた。食べられるものと食べたいものが日替わりで変わっていくので自分の食欲と相談しながら毎日を過ごした。"

 

 

つわり中にも飲みやすい葉酸サプリはとても助かりますよね。
人気があるサプリメントの中でも、いくつか比較してサプリメントを選びたいものです。
ベルタ葉酸サプリと美的ヌーボの比較はこちら→http://www.dormirysalud.org/entry14.html

とにかく誰かに頼ること

 

 

"助けてくれる周りの人に頼ることだと思います。

 

私の場合妊娠が発覚したのが三ヶ月目ぐらいだったのですが、これから何かとお金が入用なのでギリギリまで働こうと思ってました。しかし四ヶ月ぐらいから下腹部の肉付きが良くなり、制服が入らなくなりました。またつわりも出始めたので上司と相談を重ね五ヶ月。に入るころには退職させてもらうことになりました。

 

お腹もそんなに目立ってなかったので安定期ぐらいまでは報告しないでおこうと思ったのですが早めに相談したことでシフトの調整をしてもらえたり有給を消化させてもらえたり、産後のライフプランの相談にまで乗ってもらえました。早めに言ってよかったと思います。

 

また、つわりがひどくなってからはほとんどを旦那さんと母に頼ってました。旦那さんと二人きりの間は平日に家事ができず、部屋が汚れていき、洗濯物がたまってくるとものすごく悪いことをしているような気分になり、それが余計に精神を不安定にしている気がしました。いっそ割りきって実家に帰って何もしない方が気分が楽になり、家事を手伝えるようになりました。

 

このように悪いと思いながら一人で堪え忍ぶと症状が悪化するように思います。そうならないように身近な人にできるだけ頼るのが得策だと思いました。"

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪